新規事業を始めるための資金調達方法

資金がない!起業できる?

自分でお金をつくる方法!

貯金も資産もない…。そう思ってあきらめていませんか?
資金作りのアイデアとメリット、デメリットをご紹介します。
「Wワークで稼ぐ!」定職の合間に別の仕事をして資金を貯める方法です。
今の生活水準を落とすことなく、資金を増やすことができる理想的な方法です。
しかし、時間管理を上手くやらないと、睡眠不足や定職への影響が出てしまったりと、本末転倒になってしまう可能性もあるので、計画性が必要です。
「フリマアプリやネットオークションで稼ぐ!」自宅の不要物や大事にしていたけど使わない物など、思い切って売ってしまう方法です。売れるとダイレクトにお金が入ってくるので、これも理想的です。しかし、必ず売れる保証はなく、入金0円の可能性もあります。また写真を撮ったり、掲載記事を入力したり、売れた商品の発送も迅速にこなさないと、お客の評価につながってしまうので、気軽に始められる反面、責任もあります。

協力者にお願いする!

既婚者であれば、その配偶者に協力をお願いすることも一つの方法です。
「配偶者にもパートや就労のお願いをする。」独立することを応援してくれる配偶者なら、協力が期待できるかもしれません。まずは起業する展望や将来設計について、配偶者に納得のいくように説明してみましょう。
独身者の場合、家族や友人に、自分の夢や起業の事業内容に賛同してくれる人を探してみましょう。
「親や兄弟など、話しやすい身内に協力をお願いする。」お金に限らず、事務所の場所を実家に間借りするなど、少しでも経費を減らす協力も相談してみることをおすすめします。
「友人、知人に夢の共有を相談する。」同じ会社の同僚や学生時代に苦楽を共にした仲間などに、
事業の可能性や将来の夢を話し、一緒に起業に参加しないか勧誘してみるのも一つの方法です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ